ひき逃げ犯人追跡記録

2020年8月19日早朝、自転車で出勤途中に後方から来た自転車に倒され、怪我を負いました。犯人はそのまま逃走、私は故意犯であると確信しています。
警察は本気で捜査する気があるようには見えず、このままだと迷宮入りは必至です。どんな些細なことでも結構ですので、情報をお寄せください。あなたの周りに、加害行為を得意気に吹聴している人は居ませんか?
次の被害に遭うのはあなたや、あなたの大切な人かもしれないのです。こんな卑劣な輩を野放しにしてはいけません。

情報は西宮警察までお願いします。
TEL: 0798-33-0110
労働基準監督署の処理
中身がスカスカの事故証明を労基署に提出するしかないという話を書いたのだが、その後の経過。
書類が揃ったことで処理が始まったようで、既に提出していた様式の手直しが入った。個人情報に関わるところは、全て当人が自筆で記載しなさいとの指摘で、このような場合は現認者に直属の上司を記入するのだが、その欄も上司が手書きしなければならないとのこと。
ざっと見ての指摘だとしたら、事故証明は問題が無かったということかもしれん。
であれば乗り掛かった舟なので、警察から連絡があるまで供述調書作成を放置してみようかな。

実況見分の日を決めるとき、「一カ月以上経つけど覚えてますか?」と聞かれたのだが、このまま寝かせておいたら供述調書も信ぴょう性が無いので証拠として採用しないとか言われるのかな。
幸いこうやってまとめているので、読み返してから行けば何ら問題ない。
警察が無かったことにしようとしても、決してさせてやらぬ。
余りにやる気が無いので、犯人が上級国民で警察がかばっているのか?なんて妄想も膨らんでしまうのだが、例の事件で担当署の係長が自殺したのを見ると薄ら寒い。まさか、一般人の口封じしないよね?
| hikinige | 警察の対応 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
事故証明取得
実は月曜には事故証明を手にしていたのだけど、ちょっとバタバタしていて遅くなった。
結局は数日で発行されたことになり、やればできるやんと思って開けてみると、相手方不明、事故の状況不明。私が事故に遭った日時しか証明していないという、中身ゼロの書類だった。
これだったら、事故当日の現場検証だけで作れるよね?

そして案の定、現時点で警察からの電話は無し。
この事故証明で労基署が納得するのなら、それはそれで良いのだけどね。本当にこれで通るのかいな。とりあえず出してみるけど。
供述調書を作っても犯人が捕まるわけじゃなし、警察から電話が来るまで待ってみますか。来年度になったりして。
| hikinige | 警察の対応 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
続・事故証明
事故証明が必要という話を書いたのだけど、警察に電話してみた。
「労働基準監督署が処理できないので、早く発行して下さい」と伝えると、「すぐ入力しますので、1週間ほどで登録されます」とのこと。
え、供述調書要らないの? じゃあ、何故放ってたの?という疑問が即座に受かぶが、言っても詮無いので黙っておく。
「急いでいるのですが、発行できる状態になったらご連絡いただけるのですか?」と聞いたら、それはできないとのこと。登録したら後のことは知らんということらしい。じゃあ、ますます早くやっておけよ。
なお、供述調書の件はスケジュール調整してまた連絡しますとのことだが、君、電話かける気無いだろう? と思いつつ、一週間毎くらいに電話するしかないのかも。

で、とにかく早く事故証明を受領するためにオンライン申請でサクッと申請。
これで発行できる状態になったら送られてくるであろう。
手数料は732円、ペイジーで振り込んだので手数料220円、合計952円。
しかし、何故こんなに半端な額なのだろうね。警察関係の手数料では比較的良心的な額だとは思うが。もう、紙とかハンコとか廃止すればよいのだろうけど、この特殊法人(自動車安全運転センター)へ天下る人のためには必要なんだろうな。
| hikinige | 警察の対応 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
事故証明
警察辺り(色々ややこしそうだけど、理解しても公務員の多重搾取構造に嫌気が差すだけで無益そうだ)から発行される事故証明というのが必要なのだけど、これは人身事故の場合には警察で供述調書を作成しないと発行できないようだ。
で、先週実況見分をした際に日程を連絡するから待っていろと言われて早1週間。西宮警察は本当にやる気ないな。

労働災害の申請をしている関係で、労働基準監督署が色々と処理をするのだけど、この開始に事故証明が必要なんだそうな。
うちの会社で処理してくれている担当者も困っているので、仕方ないけど電話してみるか。ちなみに事件から40日経つが、一度も警察から電話がかかってきたことは無い。全て自分でかけている。

何か色々とバカバカしいが、公務員が定期的にニュースになる西宮市界隈って、全体的に腐ってるのかな。
| hikinige | 警察の対応 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
実況見分
本日は朝から実況見分。
自転車で現場へ行ってみると、一人で佇む担当警察官。
写真撮る人くらいいるのかと思ったら、そんなもんなのね。
ママチャリで来ており、書類挿みと距離測定器を抱えている。こういうやつだが、伸縮式には見えなかったのだが、これをママチャリで運搬すると安全運転義務違反な気が。


何度も話してきたことに、通勤中に気付いたこと等を交えて順を追って見分していく。イベントのあった位置を大雑把に白チョークでマーキング。
そんなこんなで、15分ほどで終了。私の帰った後に距離を測定して書類を仕上げるのだろう。
身銭を切って取得した診断書を提出。全治6週間はあまり心に響かなかったようで残念。

次は警察署へ出向いて供述調書の作成だそうだが、時期は未定。
本当に担当官一人で対応しているとしたら、捕まるわけもないよね。敗戦処理のようなものか。
まあ、滅多にない経験だと思って行ってこよう。
| hikinige | 警察の対応 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
被害程度と検挙率
以前、漠然と「私が死んでいれば捜査が進むのかな」と書いたが、根拠を見つけたので紹介しておく。
犯罪白書に、ひき逃げの検挙率統計があった。

令和元年版犯罪白書

平成30年のひき逃げ総数が8357件

内、死亡事故が128件で検挙率が97.7%なので、単純計算で125件が検挙され、未検挙に終わったのが3件ということになる。実際は前年以前から継続している事件を検挙した分も含むのでこの限りではないが、かなりの率である。

重傷事故が867件で検挙率が75.5%、655件が検挙されたことになるが、ぐっと率が落ちる。

軽傷事故の検挙率は無いが単純計算すると、全検挙率が60.8%なので全検挙数が5081件。ここから死亡・重傷事故の検挙者数780件を引くと4301件なので、軽傷事故の検挙率は58.4%である。

ちなみに、重症の基準は「治療期間が30日以上」なので、ほぼ確実に私もここに入る。肘の傷がまだかなり残って痛むので、今週の受診で終わりそうにないからである。
であれば結構高確率なので捕まえてほしいが、もしかして「ひき逃げ」扱いではないんじゃないだろうか。実況見分の時に聞いてみようか。

なお、同統計の平成15・16年あたりは事故件数が増加し、全体・重傷事故検挙率は落ちているが、死亡事故については高水準を保っている。
当時の白書から値を拾ってみると、全検挙率が27.1%まで落ち込んでいるのに、死亡事故検挙率は90.3%となっている。

平成16年版犯罪白書

ふと計算してみたら面白いことに気付いたのだが、平成15年の全事故件数が19422件で全検挙率が27.1%なので、全検挙数は5263件。これは平成30年の検挙総数5081件に非常に近い値である。つまり、「警察の割けるリソースと年間検挙数はほぼ一定である」という仮説が成り立つのではないか。警察官の数や体制も違うだろうから一概に言うのは危険ではあるが、この15年で能力はあまり変わっていないように思う。
元気が無いのでやらないが、統計のある30年分くらいを全部計算して出してみると面白いかもね。連休に気が向いたらやっても良いかな。

ということはだ。やはり、本気を出してその年に検挙できる分へ入れれば検挙できるのだろうし、被害が大きい方が本気を出す要因になるのだろう。
実況見分や供述調書作成時に、重症ひき逃げをアピールしたらもっと何とかならんかな。もう時間が経ったから難しいかな。
事件直後から本気を出せば、ドラレコや通行人の聞き取りで情報は集まっただろうけど。早期の重症アピールをして、検挙される側へ入れる努力は必要かもしれんね。
| hikinige | 警察の対応 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
証拠物件引き取り
未だ通院は続いているのだが、何とか自転車に乗れそうな状態になってきたので、証拠物件として警察に預けていた自転車を引き取りに行った。
担当警察官と改めて喋ったが、電話の印象よりはかなり良かった。しかし、捜査は全く進展していない模様で、心当たりのある方はぜひ情報をお寄せ下さい。
出来れば、警察に直接申告していただけると、匿名性も確保できた上に捜査も進展するのでありがたいです。事故告知看板を掲示しておきます。


自転車の損傷ですが、思っていたよりも軽微でした。さすが、マウンテンバイクは強い。エンドバーの先端が削れているくらいで、リムにも顕著な振れは無し。犯人が見つかったら、ホイール調整とか諸々は要求するけど、通勤程度では問題無さそうである。


改めて担当警察官から、人身事故扱いにするか、物件事故扱いにするかと問われた。人身事故の場合は実況見分を行い、供述調書を作成するために2度出向く必要がある。また、病院から診断書を取って警察に提出する必要があるため、この作成料は私が負担することになる。
物件事故にすればこの話は終わりで、警察も手間が省ける。そのため強く勧められるかと思ったが、被害状況と犯人への恨みを淡々と語ったら特に何も言われず、「もし犯人が見付かったら人身事故の方がダメージが大きいですよね?」と聞いたら同意してくれた。

「事故の状況を覚えてますか?」と問われ、暗に覚えてなければ実況見分も供述調書も無駄だよと言われているのかと思いながら、すらすら答えておいた。こういうまとめをしておくのも無駄にはならないと思った次第。
というわけで、今度は実況見分へ行ってきます。
| hikinige | 警察の対応 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
警察を動かすには
警察は捜査する気が無いのだろうなと思ってはいるが、結局は一般庶民には為す術がない。告訴状を出したとしても、捜査に着手させることはできるが、真剣に捜査するかどうかは警察次第。
警察にとって都合の良い事件(イメージアップするとか、下級国民を見せしめにするとか)しか捜査しない自由が警察にはあるようだ。
故意に捜査せず、被害者に不利益を与えても停職一か月で済むんだものな。身内にはとことん甘い組織である。


上級国民や身内なら、無罪で済むのだものね。
今回の犯人は上級国民には見えなかったので、怠慢の方だろうと思っている。
下らない交通取り締まりで小銭を稼ぐ暇があれば、少しでも正義を行使してほしいと思うが、永遠に無理だろうね。
事件現場となった国道43号線は、最高速度が時速40劼棒限されている。これは尼崎公害訴訟あたりに端を発して、「環境対策」という名目であり、速度制限看板にも明記されている。
高規格道路なので、本来ならば70km制限特例が適用されてもおかしくなく、実際に警察車両も通常走行で50km/hを越えて走行しているような道である。誰も捕まえないけどね。

ここが取り締まりのメッカで、移動オービスもよく見るし、芦屋市から神戸市東灘区あたりの一帯には見本市かと思うほどの自動取り締まり機てんこ盛り区間もある。
この速度制限は環境対策であり、安全上は速度を出しても問題無いのだから、速度取り締まりは不適切であるはず。このことを述べた警察庁依命通達というのがあったけど廃止されたそうだし、類似のものも廃止されて、点数稼ぎの取り締まりを戒めるものが無くなったそうだ。本当に腐った組織なんだけど、代わりが無いから質が悪い。
警察庁がFBI並みに頑張ればもっと良くならないかな。どうせ、上級国民最優先の社会にしかならんだろうな。
| hikinige | 警察の対応 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
警察はどう動くのか
事件当日は現場検証や交通整理等で非常に頼りになる警察。
その後はどのような対応になるのか記してみたい。

当日、現場で担当警察官なる人から名刺より小さい程度のコピー用紙の切れっぱしを頂いた。西宮警察署の電話番号と担当警察官の姓が印刷してある。
「また連絡しますが、何かあればここへお電話ください」
とのこと。まだ傷の手当てもしていない状況で、自分でカバンも空けられないような状態だったので、カバンのポケットを指定して収納して頂いた。

昼前に怪我の手当てや検査が終わり、病院から帰宅。
当時私が乗っていた自転車は西宮警察署で保管しているという伝言を、搬送してくれた救急隊員から聞いていたため、事後処理について問い合わせるべく電話してみた。
担当者は不在で、代わりに電話に出た方から「相手の方が見つかるかもしれませんから、その際に傷等の照合をするために預からせていただけませんか?」とのお話し。しばらくは自転車に乗れるような状態ではないので、了承した。
未だ怪我が痛くて頭が回らない状況だったのでスルーしたが、「相手の方」って何やねん? 加害者じゃないんか? 被疑者ですらないのか?
結局怪我の痛みもあり、眠れずに悶々として夜を明かした。

昨日の疑問もあり、故意犯として捜査しているのではないのか確認するために再度電話。また、担当者は不在。
「捜査上の秘密なので」を連発されるが、目撃者が明確な加害は無いと証言しているため、「相手の方が見つかって、故意にやったと申し出ない限り故意性は問えない」との有り難いご意見を拝聴した。あまりのことに絶句して一旦電話を切る。
当日の着衣と靴は使い物にならないため廃棄するしかないのだが、証拠品として不要なのか確認するために再度電話。先ほどと同じ方が出て、「必要になるかもしれませんので、一応保管しておいて下さい」とのお言葉。「かもしれない」とか「一応」って何やねん? ホンマに捜査する気有るんか?
とまた、悶々と眠れぬ夜を過ごす。

納得いかないので、頭の隅にあった告訴手続きについての知識を仕入れ、翌日再度電話。今度は担当者が居たので話をしてみる。
「もしかして、私の自損事故として処理されていませんか?」ということをまず確認したところ、「相手のある事故として捜査している」とのお答え。「昨日までに対応された方の話から受ける印象として、捜査される気が無いように思える。弁護士に依頼して告訴することも検討しているが、どうか?」と問うたところ、「捜査はしているが自転車はNシステムにも映らず、難航している。防犯カメラも確認してはいる。進展があったら連絡するが、自転車はしばらく預からせてほしい。着衣は一応保管しておいて下さい」とのお答え。

それから3週間近くが過ぎますが、一度も電話はかかってきません。
進展が無いのだろうけど、進展させる気が無いんじゃないかと思ってしまう。
罰則について考察してみたけど、あまりやる気の湧かない事件なのでしょうね。しかも、彼らの中では障害でもない過失のようだし。
私が死んでいればもっと違ったのだろうけど、死んだら死んだで泣き寝入りな気もするし、本当に納得のいかない世の中である。
| hikinige | 警察の対応 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE